平野区,加美東のむち打ち,交通事故治療なら加美整骨院・鍼灸院大阪市平野区加美東の整骨院。整体や鍼灸治療を用いた交通事故によるむち打ち治療・腰痛・肩こり・膝痛ならお任せください。 

このページの記事目次 (新しい記事より順に表示)

← 前のページ  total 136 pages  次のページ →  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://kamimorimoto.blog91.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

生活発表会

   ↑  2015/04/28 (火)  カテゴリー: 日常のこと

こんにちは村田です。

今回は息子の保育園最後の「生活発表会」のことを投稿します。

年小組、年中組はお遊戯をします。
年長組は劇をします。

ある日、息子が「決まったぁー!」と言いました。
なにが決まったのかと聞いたところ、
「生活発表会の劇の役が決まった」ということでした。
「何になったん?」
「カメさん!」
「・・・カメ?」
「なんの劇?」
「…知らん」
カメが出てきて、年長さんができそうな劇・・・
「うらしまたろう」か「うさぎとかめ」か・・・。
どちらも主役級の役です。
主役じゃないのが息子らしいです(笑)。
結局、何の劇かわかったのは数日後でした。
息子は「うらしまたろう」のカメさんでした。
なるほど、体の大きい息子にはぴったりの役です。

事前に生活発表会に出る格好で記念撮影をするため
衣装を着て登園する日があるんですが、
撮影当日の息子の服装は普段通りでどんなカメさんなのか
わかりませんでした。
生活発表会当日のお楽しみになりました。

発表会当日。
その日は体操服で会場入りしました。
「○列3番」
前の方の席でした。

息子の出番は5番目(最後から2番目)です。
年小さんは小さくてかわいく、年中さんはしっかりしていて
みんな上手にできてました。
息子のカメさんも大きな声で(マイクの音がわれるくらい)ちゃんと
セリフを言えてました。



保育園最後の生活発表会、良い思い出になりました。










(記事編集) http://kamimorimoto.blog91.fc2.com/blog-entry-706.html

2015/04/28 | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

銀閣寺と清水寺に行きました。

   ↑  2015/04/23 (木)  カテゴリー: おでかけ

こんにちは村田です。

久しぶりに京都に行きました。
今回は銀閣寺、清水寺に行ってきました。

清水寺の近くのお漬物屋さんで売っている「牛まん」を食べるのが
目的だったんですが、せっかく京都に来たのだから他にも寄ってみることにしました。
主人が京都に住んでいる会社の人におすすめをきいたところ「銀閣寺」のこたえがかえってきたので
早速行ってみることにしました。

さて、「銀閣寺」なんですが世界文化遺産で、正しくは「東山慈照寺」と言うそうです。
「銀閣寺」は俗称だそうです。
銀閣寺は室町幕府八代将軍足利義政が金閣寺にならい隠栖生活を
過ごすために造営した山荘東山殿が発祥だそうです。

総門から中門までの生け垣(「銀閣寺垣」とよばれているそうです)から美しく
銀閣寺の境内全体も美しかったのですが子供と行く所ではないな・・・と。
息子が「お腹すいたぁ!」とぐずりだし、台無しになりました。
息子がもう少し大きくなってから行くべきところだなぁ、と思いました(苦笑)。



清水寺に着くやいなや息子が「トイレ行きたい!」と言いだしたんで
みんなに断りを入れてトイレに直行!
トイレから戻ると、みんなはお漬物の試食をしながら購入。
買い食いしながら散策をして、試食をすれば購入して(笑)。
念願の「牛まん」も食べれたのでよかったです。

ただ、心残りは銀閣寺のお土産屋さんでみつけた手ぬぐいを
買わなかったことです。
「清水寺にもあるだろう」と思っていたのですが同じものがありませんでした。
次に行く機会があれば即買いします!







(記事編集) http://kamimorimoto.blog91.fc2.com/blog-entry-711.html

2015/04/23 | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

息子の晴れ舞台

   ↑  2015/03/03 (火)  カテゴリー: 日常のこと

「あたったぁ~!」と息子が勢いよく私のところに飛び込んできました。

こんにちは村田です。

これはとある日、息子をお迎えに行ったときのことでした。
その帰り道でも息子の興奮はやまず
「当たった、当たった!」と言ってました。
話を聞いてみると保育園の音楽会で「はじめのあいさつ」をすることになったようでした。
名誉なことなんでしょうが、そんなに大騒ぎすることなのか?
実際、うちの保育園ではみんなの前でしゃべる機会を割と与えてくれるので
息子の話を聞いたときも特別驚きはしませんでした。

その日の夕方、息子の担任の先生からお電話がありました。
先生も「音楽会でのはじまりのあいさつは名誉なことですよ」とおっしゃってくれました。

問題は本番でちゃんとできるか、どうか・・・。
ディズニー・シーの「タートル トーク」でも
「はい、はい、はーい!」と手をあげて
いざ、あててもらうと急にしゃべらなくなったということがありました。
そういうことがたびたびあるので・・・本番に弱い。
練習あるのみ!
それから保育園ではもちろん、家でも娘が覚えてしまうくらい練習しました。

本番当日は息子の晴れ舞台とあって主人も休みをとってくれました。
主人はハンディカム、私はスマホ2台で撮影準備完了。

いよいよ息子の出番です!
私の心配は無用だったようで、息子はちゃんとこなしました!
主人が「くつしたが片方だけさがってた」と言ってました(笑)。

本当のメインは音楽会の合奏、合唱だったんですが
私にとっての息子のメインは「はじまりのあいさつ」だったので
とりあえず「ほっ」としてしまい、合奏のミスやあくびなんて気になりませんでした(苦笑)。



年長組の合唱「ありがとう こころをこめて」では
涙腺がゆるんでしまいました。
毎年、年長組は「泣ける」歌をうたうパターンなんですが
わかっていても泣けました。
私の他にも泣いているお母さんがいて
「みんないろんな思いがよぎったんだなぁ」と思いました。

当日はお休みした子も少なかったようで
園長先生も「よかったぁ」と涙ぐんでおられました。
園長先生もいろんな思いがよぎったんでしょうね。






(記事編集) http://kamimorimoto.blog91.fc2.com/blog-entry-699.html

2015/03/03 | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。