平野区,加美東のむち打ち,交通事故治療なら加美整骨院・鍼灸院大阪市平野区加美東の整骨院。整体や鍼灸治療を用いた交通事故によるむち打ち治療・腰痛・肩こり・膝痛ならお任せください。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://kamimorimoto.blog91.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

緊張で手にかく汗と暑い時にかく汗は別物?

   ↑  2012/08/20 (月)  カテゴリー: うんちく
こんにちは。逢坂です。

今日は、汗について少しお話させて頂きます。

皆さんは緊張時にかく冷や汗と、暑い時にかく汗は同じだと思いますか??

実は汗には大きく分けて2種類あります。


ひとつは、

“温熱性発汗”といい、体温調節のための汗であり、夏の暑い時や運動をした後に出る

汗で、体温の上昇を防ぐ役割を果たしています。

人間の脳には体温調整中枢があり、体温を36度前後に保つようコントロールしています。

体温が上昇した時は、この体温調整中枢が働き、体温を正常に戻すために汗を出すよう指

令を発します。

000479s.jpg


もう一つは、

“精神性発汗”といい、精神的なストレスで生じる汗であり、気温の上昇や体温調節とは

関係なく、危険を感じた時や緊張した時に出る汗です。

また、スポーツ観戦などで「手に汗握る」というのは精神性発汗ですが、

この汗は何のために出ているのでしょうか??

動物が外敵から逃れる時のように緊張状態に陥ると足の裏に汗をかきます。

これは足の裏を汗で湿らせて滑りにくくするためだといいます。

人間が緊張して手足の汗腺から汗を分泌するのも、これと同じ状態だと考えられています。

また手のひらが適度に湿っている方が、モノがつかみやすく、指の感覚も鋭くなります。

つまり、精神性発汗は緊急事態に素早く反応するための汗といっていいでしょう。

008187s.jpg


また大量の汗をかくと、ナトリウムをはじめとする多くのミネラルが失われてしまいます。

そのため、水だけでは脱水状態は改善できないので、

スポーツドリンクなどを利用して塩分を補給することが大切となります。

まだまだ暑い日が続きますが、水分補給などをこまめに行って体調を崩さない様に夏を乗り切りましょう!!

028804s.jpg
関連記事

(記事編集) http://kamimorimoto.blog91.fc2.com/blog-entry-456.html

2012/08/20 | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。