平野区,加美東のむち打ち,交通事故治療なら加美整骨院・鍼灸院大阪市平野区加美東の整骨院。整体や鍼灸治療を用いた交通事故によるむち打ち治療・腰痛・肩こり・膝痛ならお任せください。 

この記事に含まれるタグ :
腰椎分離症  鍼灸  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://kamimorimoto.blog91.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

腰椎分離症の鍼灸治療の目的

   ↑  2011/06/10 (金)  カテゴリー: はり・きゅう
腰椎分離症,鍼灸

腰椎分離症の鍼灸治療の目的は、腰椎の分離部周辺や支持する筋肉の血流改善と、腰背筋の動きをささえる筋肉の腹筋や下肢の筋肉の緊張を緩めることです。血流を改善し乳酸などの疲労物質が溜まらない身体に整えることで疼痛のコントロールを行います。

腰椎分離症とは腰椎を構成する椎体と椎弓が分離し、腰椎の上下の関節突起の間が切れた状態をいい、さらに椎骨の前の部分が前方にすべった状態になるものをすべり症といいます。

症状としては腰痛が最も多く、長時間の立ち仕事や同じ姿勢を続けたり重労働のあとに痛みが強くなります。

鈍く重い痛みで、体を後ろに反らせると痛みが強くなり、脚の痛みやしびれがでることもあります。
(すべりが強くなると脊柱管が狭窄し、間欠性跛行があります)

分離が生じると、これを修復しようとする生体反応が起こり、分離部には肥厚した骨や線維性組織が形成され、これらが関節突起間部の真下を通る神経根を圧迫すると、下肢痛やしびれを生じます。



腰椎分離症,鍼灸 腰椎分離症,鍼灸

腰椎分離症は以前は生まれつきの骨の弱さで起こってくると考えられていましたが、スポーツ医学が進歩してきて現在では疲労骨折と考えられています。(原因は明確には不明)

一般でも9%の人に分離症者は見られるようです。



関連記事

この記事に含まれるタグ : 腰椎分離症 鍼灸 

(記事編集) http://kamimorimoto.blog91.fc2.com/blog-entry-315.html

2011/06/10 | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : プリキュア・ショー
この前の記事 : 目尻のシワに効く鍼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。